奥村直義プロフィール



脚本家・演出家・舞台美術
劇団BQMAP主宰/日本劇作家協会会員

1968年生まれ。岐阜県各務原市出身。
日本大学芸術学部 演劇学科 舞台美術コース卒業。
1991年、劇団BQMAPを旗揚げ以来、主宰としてすべての本公演の演出を手がけるほか、外部公演の脚本、演出、美術も行う。


■外部公演の主な作品■
≪脚本・演出・美術作品≫
2011年「in the blue」@スペース107
2012年「Nouvell Vague」@シアターサンモール
2013年「Re‐」@シアターサンモール
2014年「大江戸バックドラフト」@紀伊国屋ホール
2015年「Nouvell Vague」@銀座博品館劇場(脚本・演出)

≪演出作品≫
2010年「ミラクル☆トレイン~大江戸線にようこそ~」2nd approach
2014年「BASARA 第2章」(原作:小学館「BASARA」)
2014年朗読劇「錻力のマリ・アンペール」(演出・美術)
2015年「ふしぎ遊戯」(原作:小学館「ふしぎ遊戯」/ゴールデンボンバー喜屋武豊主演)
2015年「こどものおもちゃ」(集英社りぼん60周年記念公演) (演出協力・美術)

≪脚本作品≫
2002年「HUNTER×HUNTER」
2003年「コミックジャック」
2005年 ロックミュージカル「BLEACH」
2008年「MOMO-TARO-アドベンチャー」(劇団ムジカフォンテ)
2010年「青い鳥」(劇団ムジカフォンテ)
2015年「ソメイの愛」(豊島区庁舎落成記念/劇団ムジカフォンテ)